写真撮影とは直接関係ないのですが、車中泊とかに便利な用品を幾つか取りあげてみたいと思います。

きっかけは、ジェントス LEDランタン EX-777XPをAmazoneで購入された方がいらっしったこと。

実は、別サイトで上記のLEDランタンを紹介していまして、今までもそのサイト経由で購入された方はいらっしゃいました。でも、4月25日(2012)iには、1日で2個も出ていることが分かってビックリ!それも、お一人が1度に2個ではなく、別々の方が購入されたようです。

調べてみると、このLEDランタンは、Amazoneのベストセラーのようです。1日で複数の方が購入されるのも不思議ではないのですが、別サイトのアクセス数から考えるとかなり珍しく思いました。

ところで、 EX-777XPは大変明るくてお値段もリーズナブルで、確かに「ナイスアイテム」なのですが、ちょっとだけ個人的に残念だと思うことがあります。

それは、電源として単一電池が使われていることです。

私はよくエネループの単三電池を使うのですが、そのため単三電池の方が嬉しいなぁと思います。そういう点で、いいなぁと思うのが、ジェントス エクスプローラー EX-757MSです。

明るさこそEX-777XPの方が勝っていますが、小型軽量で(缶コーヒーくらいの大きさで、285g)、しかも単三電池が使えます。しかもしかも、単三4本仕様です!エネループで使うのにバッチリなのです。

ということで、撮影旅行で車中泊なさる方にとっては、いいアイテムではないかなと思いました。ちなみに、私も車中泊をしつつ撮影旅行することは年に何度かしています。もちろん、ホテルに泊まることもあります。ただ、スケジュールを組む自由さとか旅行費用を考えると、車中泊はいいですね。

あと、 EX-757MSは、「缶コーヒーサイズ」ということもあって「懐中電灯」としても使えるみたいです。

さて、次のアイテムは、「折りたたみのいす」です。

アウトドアショップで販売されていると思いますし、撮影の待ち時間に座っておくのに便利なので、私も車のトランクというか後ろに積んでいます。

ただ、そのいすはフレームが鉄製なのでちょっとばかり重たいし、持ち運びも専用の袋があるといいのにと思います。

その点、ジェラルミンフレーム ウルトラライトマイクロチェア C1-54は、重量わずか199gです。(缶ジュースよりも軽い!)
「携帯電話や財布と同じ感覚で持ち運ぶことのできるレベルまで、軽量化を実現しました」とのこと。現在発売中の「iPhone 4S」が140gですから、それほど大げさな表現ではないようにも思いました。

収納時は、単行本程度の大きさにたたむことができるそうですし、ジュラルミン素材の使用で、頑丈さも兼ね備えています。(耐荷重150Kg)

何より嬉しいのは、「専用キャリーバッグ」が付属しているところですね。撮影用の三脚も、むき出して持ち歩くと周りにぶつかりそうなときに不安ですし、金属部分があるだけに袋に入れて持ち運べるのはいいなあと思いました。

ちなみに、この椅子のメーカーのLEDランタンもありました。詳しく調べてないので性能は分かりませんが、デザインは面白いと思いました。

さて、今回紹介するラストの品は、ダイワ アルポットです。

撮影に出かける時に、ポットにお湯を入れていくことが多いのですが、半日もすると紅茶が入れられないほど温度が下がってしまいます。それで、沸騰させるのにいい物はないかといろいろ調べまくった結果、これを見つけました。

車のなかで湯を沸かすのには、電気を使うものもあったのですが、時間が掛かる割にプラスチック臭がするなどイマイチ。

でも、このアルポットは水から湧かしても10分くらいで沸騰しますし、燃料もアルコールなのでカンタンに入手できます。(少しだけどアルコールが入ったプラスチックボトルが同梱されていて、2回分くらい使えました)

カパッとセットしたら、火がついているかも分からないくらいなので火事の危険性も少ないと思いますし、多少の風があっても湯が沸かせました。
ちなみに、燃焼状態はすこぶるよく、青白い炎が、よ~く見ないとわからないくらいでした。ということで、このアルポット、お出かけ時のアウトドアグッズとしてかなり便利に活躍してくれています。

メーカーがダイワということで、釣具店に置いてあると思いますが、もしなければ上のリンク先から購入可能です。