ユーザーLink からリンクさせて頂いている、中山杏さんのブログに、久しぶりに新着記事が出ていました。

   衝撃価格!☆おともでマイル&じゃらん☆のお得ツアー編♪(中山杏のブログ)

写真はもちろん素晴らしいのですが、この場所は私も何度か行ったことがあって懐かしい気持ちになりました。

帰国(入場)してすぐの所にある城です。

中世の教会を模したもの。中は以前はガラス博物館でした。

ふつうのバスに見えますが、水陸両用車でした。

麦わらの一味専用の海賊船、サウザンドサニー号。

こちらは別の季節に写したもの。この街の名前が付けられたチューリップ。一般にも市販されているようです。

左手のホテルには、このクルーズ船に乗ってチェックイン。

以前は、このホテルのアネックス(別館)となる所によく泊まりに行っていました。

正面の迎賓館は、休館中です。

夕暮れでも街の中はイルミネーションが灯っていて、ほの明るい中で散歩ができます。

花火が毎晩あるので、それが終わる頃までは散策する人がちらほら。

写真撮影には、この時間帯がオススメなのですが、この日はあいにくの曇り空。

晴れていたら、きれいなブルーモーメントの風景が撮れたと思うのに・・・。

実は、帰国してもここ2~3年は、ショーとグルメばかりで風景をほとんど撮影していませんでした。でも、また撮りに行きたくなりますね。

2件のコメント

  1. 中山杏

    こんばんは(^^)

    2枚目の教会?は、構図で苦労した覚えがあります(笑)
    あまりにもカチッとした造形でしたのでかえって難しかったです。
    私の場合はむしろ曇り空の方が仕上げがし易いなと感じました。雲の質感を強調し、非現実的な印象な仕上げを想像しましたよ(笑)
    でもお花がそのイメージに合っていなくて撮影を諦めた場所です(笑)
    そして建物の左側の路地をゲートに向かい、ふと目にした(というのは嘘で、後で寄ろうと心に決めていましたけど…)ビールの看板?で誘惑に負けました(笑)

  2. moon

    中山杏さん、コメントありがとうございます。

    実は、コメントのとっても少ないこのブログなので、チェックしていませんでした。
    こちらからの書き込みが遅くなってしまい、失礼しました。

    晴れの日をねらって写真を撮ることが多いのですが、「ドラマチックトーン」などでは、雲があった方が良い感じかもしれませんね。

    花は、それこそ至る所にある場所なので、う~んそうかもしれません。

    この写真を撮影したときには、エフェクトとかそういう機能をぜんぜん使っていなくて、ただ写すだけでした。

    でも、杏さんのブログを見て、最近はいろいろ試してみたりしています。ドラマチックトーンが好きなのですけど、「ラフモノクローム」も意外と面白い効果だなぁと思いました。

Comments are closed.