キヤノンは、小型ボディーで高画質を実現したコンパクトデジタルカメラの新製品「PowerShot G7 X」を発表しました。

ニュースリリースより

PowerShot-G7-X

「PowerShot G7 X」は、プレミアムコンパクトカメラGシリーズに新たなラインアップとして加わる小型・軽量の高画質モデルです。

「24-100mm」相当「F1.8-F2.8」の大口径レンズと、「1.0型の大型CMOSセンサー」を搭載することで、小型ながら卓越した高画質を実現しています。

さらに、約0.14秒の高速AFや、最速約6.5枚/秒の高速連写機能を備えるなど、ハイアマユーザーの幅広いニーズに応えるハイエンドモデルです。

発売日 2014年10月3日

主な特長
○1.0型・約2020万画素CMOSセンサーを搭載
 ※1/1.7型センサーと比較して約2.7倍の広い受光面積
○非球面レンズ3枚とUDレンズ1枚による良好な収差補正
○レンズすべてにガラス素材を用いることで高い耐久性も確保
○31点にアップしたAFフレーム数
 ※G16は9点
○フル画素で約6.5コマ/秒の連写性能
○上側180°まではね上げられるチルト液晶(自撮りに対応)
○Wi-FiとNFC対応
○スマートフォン・タブレットから撮影できる「リモート撮影」
○動画撮影時の手ブレ補正を強化「5軸手ブレ補正」

主な仕様
・センサー 1.0型CMOS(裏面照射型)
・有効画素数 約2,020万画素
・レンズ 24-100mm相当 F1.8-F2.8
・液晶モニター 3.0型 約104万ドット チルト式 タッチパネル
・ISO感度 125~12800
・連射 約6.5枚/秒
・動画 フルHD(MP4 60p) ステレオ音声 
・大きさ 約103.0×60.4×40.4mm
・重さ 約304g(バッテリー等を含む)

公式サイト PowerShot G7 X(キヤノン)

コメント
ついにキヤノンも1型のセンサーモデルを出した、という感想を持ちました。
高級コンパクトの定番センサーは、1/1.7型です。そして、キヤノンは、「G1X」で、1.5型という大型センサーを搭載したコンパクトカメラを発表しています。※現在はモデルチェンジして「PowerShot G1 X Mark Ⅱ」となっています。
この「1型」という大きさは、「1/1.7型」と、「1.5型」の中間の大きさで、コンパクトなボディが実現できるギリギリの大きさだと思います。

ここでいう「コンパクトナボディ」というのは、ポケットになんとか入る大きさをイメージしていただけたらと思います。もちろんポケットの大きさも様々ですが、だいたいそんなイメージで書いてます。

センサーの大きさが、「1型」よりも大きいと、ボディが大きくなってあまり手軽に持ち運べません。ただし、「単焦点」のモデルなら小型にできるのですが、ズームレンズ搭載モデルだと現在のところあまりコンパクトにはできないでしょうね。

ということで、コンパクトモデルが実現できるギリギリの大きさのセンサーを搭載して、画質向上を図ったモデルですね。

今までの「1/1.7型」のセンサーを搭載したG16よりも高画質なのは間違いないと思います。

ちょっと気になったのは、キヤノンの公式サイトで、小型化の比較対象が「G16」だったことです。この「G7X」は、「PowerShot G シリーズ」という位置づけなので、比較対象としては順当なのかもしれませんがどちらかというと「S120」と比べる人の方が多いのではないでしょうか。

確かに「G16」よりも小型ですが、「S120」よりも大きく重くなっていますので、そのあたりは理解した上で購入するといいと思います。

補足 レンズの明るさを基準にすると、「G16」のほうが「S120」よりも比較の対象になる、というのも分かります。


スポンサーリンク