キヤノンは、動画も静止画も、超広角な焦点距離で撮影できるHDビデオカメラ「iVIS mini X」を発表しました。

ニュースリリースより

ivisminix-001

発売日 2014年10月16日(木)

“iVIS mini X”は、「iVIS mini」(2013年9月発売)の後継機種で、趣味を楽しむ自分の姿や、家族・仲間と一緒に過ごす様子を、自由なスタイルで撮影できるHDビデオカメラです。

従来機種同様の高画質を継承しながら、大口径のマイクと高容量バッテリーの搭載により、さらなる高音質・長時間撮影を実現しています。

さらに、Wi-Fi機能により、撮影した映像をスマートフォンなどのモバイル端末経由で、SNSや動画投稿サイトなどにアップロードすることが可能です。

ivisminix-002

対角約170度(静止画撮影時、MP4動画撮影時は対角約160度)のワイドアングルレンズを搭載し、至近距離からでも幅広く撮影できるとともに、遠近感が強調されたダイナミックな映像表現が可能です。

※焦点距離は動画で約16.8mm(MP4)または17.5mm(AVCHD)。静止画で約15.4mm。

加えて、多様な撮影アングルに対応するバリアングル液晶モニターと、最大で約60度まで自立する内蔵スタンドの採用により、さまざまな撮影スタイルを楽しむことができます。

ivisminix-003

約1,280万画素の高感度CMOSセンサーと、高性能な映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」の連携による「HS SYSTEM」を採用し、高解像感・低ノイズでの映像記録を実現しています。

新たに搭載した大口径ステレオマイクロホンにより、低音から高音までノイズの少ない臨場感のある音声記録が可能です。

非圧縮のリニアPCM記録に対応し、原音に忠実な音を記録できるほか、オーディオ調整に便利な機能を充実させ、ユーザーの音への高いニーズに応えます。

新型バッテリーを採用し、約2時間40分の連続撮影を実現。

さらに、Wi-Fi機能により、SNSなどへ録画映像をアップロードできるだけでなく、インターネット経由で外出先でもスマートフォンなどから映像のライブ視聴が可能です。

公式サイト iVIS mini X

コメント

この1~2年で、超広角撮影できるデジタルカメラがちらほら登場してきましたが、焦点距離20mm相当を下回るものは数えるほどしかありません。

そうした中で、昨年発売された「iVIS mini」は、次のようなスペックで広角撮りにはなかなか便利な機種でした。

  レンズ(静止画)ワイド時:15.4mm相当/アップ時:32.1mm相当
  レンズ(動画)ワイド時:16.8mm相当/アップ時:35.0mm相当

また、一般的なビデオカメラと違って、「1/2.3型」という普及型デジタルカメラと同じサイズの撮影センサーを搭載しているという特長がありました。

なかおつ、バッテリーもIXY(の中の特定の機種)と共通という、ほとんどデジタルカメラと言ってもよいモデルだったと思います。

今回、約1年経って、さまざまな改良を加えてのがこの「iVIS mini X」です。

主な改良点は、「バッテリーの大型化」と、「AVCHDに対応」したこと。

AVCHD撮影時には1080/60iでの記録となり、ビットレートは24Mbpsを選択するとリニアPCMでの録音が可能。従来モデルも「ステレオ録音」でしたが、さらなる高音質での録音と長時間の録画に対応したというのが大きな改良点です。

なお、個人的には「キヤノンオンラインショップ」限定発売だったのが、他のショップでも販売されるというのが一番大きな変化だと思います。個人的に知っている方だけなのかもしれませんけど、楽天ポイント集めている人はほとんど楽天でしかネットショッピングしないでしょ(笑)。

というのは冗談半分ですが、ふだん買い慣れているショップで買えるというのは、消費者にとっては大きなメリットですよね。

関連記事 iVIS mini ~ニューコンセプト・ビデオカメラ~ を発表 (CANON)


スポンサーリンク