ニコンの子会社ニコンイメージングジャパンは、ファミリー向けのデジタル一眼レフカメラ「ニコンD5500」を発表しました。

ニュースリリースより

D5500-1 ブラック

D5500-2 レッド

「D5500」は、Wi-Fi®機能や直感的な操作が可能なタッチパネルを採用したバリアングル液晶モニターを搭載。

バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとして世界最小・最軽量を実現し、薄型ボディーと深いグリップが高いホールド感と優れた携行性を提供します。

有効画素数2416万画素、画像処理エンジン「EXPEED 4」とニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、子どもの肌のきめの美しさや、髪の毛やまつげ一本一本のディテールなどを立体感豊かに再現します。また、クラス最高レベルの最高常用ISO感度25600の高感度で、室内での誕生日パーティーなどの思い出も、フラッシュを使わずにブレなくきれいに残せます。

発売時期 2015年2月5日予定

ボディカラー ブラック レッド
※ボディー単体はブラックのみの発売になります。

主な特長

○タッチパネル対応バリアングル液晶モニター
○世界最小・最軽量
 バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとして
○リモート撮影ができるWi-Fi®機能
○光学ローパスフィルターレス仕様CMOSセンサー

主な仕様

・センサー APS-C(23.5×15.6mm)CMOS 有効約2416万画素
・感度 ISO100-25600
・ファインダー ペンタミラーファインダー
 視野率 約95%  倍率 約0.82倍
・液晶モニター 3.2型 約104万ドット
・連射 約5コマ/秒
・動画 フルHD(60p) 内蔵ステレオマイク(感度設定可能)
・撮影可能枚数 約820コマ
・大きさ 約124×97×70mm
・重さ 約470g(電池等含む)

公式サイト D5500

コメント
ニコンのエントリー一眼レフ「D5300」のモデルチェンジした機種ですね。
ニュースリリースには幾つか特長が並べてありました。でも、ポイントは2つだけ!と思いました。

1 小型軽量ボディ
2 タッチパネル対応バリアングル液晶

この2つです!あとは、「正常進化」といったところでしょうか。

逆に、スペックダウンというか機能が省かれたものがありまして、それはGPS機能が非搭載というか別売りになったことです。

後は、細かな改良は幾つかありますが、ほとんど「D5300」と同一スペックです。ただ、ISO感度が「12800 → 25600」と向上していますね。お値段が同じ程度なら「D5500」をオススメします。


スポンサードリンク