DMC-GF7W ~ 「フェイスシャッター」搭載のミラーレスカメラ(Panasonic)

パナソニックは、チルト式モニターを搭載したミラーレスカメラ「LUMIX DMC-GF7W」を発表しました。

ニュースリリースより

DMC-GF7W

本製品の特長は、「自分撮りモード」に搭載した2つのシャッター機能で、自分撮りの機能「フェイスシャッター」は、顔を手などで隠してから再び顔を現すと自動的にシャッター動作を開始します。一方「フレンドリーシャッター」は、センサーが検出した2つの顔が一定距離以内に近づいたタイミングで自動的にシャッター動作を開始します。

DMC-GF7W-002

発売日 2015年2月13日

ボディカラー ブラウン ピンク シルバー

主な特長

○持ち歩きやすいコンパクトボディに180度チルト式モニターを搭載
○新機能「フェイスシャッター」と「フレンドリーシャッター」を搭載
○撮影設定を初期状態に戻せる「撮影設定リセットボタン」搭載
○きれいに自分撮りできる「ビューティー機能」
 ・人物の肌をなめらかにする「美肌モード」を強化
 ・顔中心に背景をぼかして人物を引き立たせる「背景ぼかし」
 ・細身に撮れる「スリムモード」
○星明り下などの暗所でもピントの合った高画質撮影が可能
○タイムラプス動画が撮影できる「インターバル撮影」
○写真を合成して動画が作成できる「コマ撮りアニメ」

主な仕様
・センサー 4/3型Live MOS センサー
・有効画素数 1600万画素
・液晶モニター 3型 約104万ドット
 タッチパネル チルト式液晶(180度)
・連射
 メカシャッター時 約5.8コマ/秒(AFS時) 約5コマ/秒(AFC時)
 電子シャッター時 約40コマ/秒
・動画 フルハイビジョン(AVCHD Progressive/AVCHD/MP4 60p)
 ステレオ音声
・大きさ  約106.5×64.6×33.3 mm
・重さ 約266g(バッテリー等を含む) 約236g(本体のみ)

公式サイト GF7(パナソニック)

コメント
最近のデジカメは、「自分撮り」がトレンド。多くのカメラが「自分撮り」に対応しています。
この「LUMIX DMC-GF7W」も、バッチリ対応していてポイントは2つ。

ひとつは、180度可動するチルト式液晶モニター。これは、多くのデジカメがこうしたモニターを搭載するようになりましたね。

もうひとつは、新機能「フェイスシャッター」と「フレンドリーシャッター」を搭載したこと。いちいちシャッターボタンを「エイッ!」と押さなくても、「いないいないバア!」とするだけで、シャッターが切れるという優れモノ。

「フレンドリーシャッター」は、二人の顔を近づけるだけでシャッターが切れるというものです。フレンドというよりも、カップルシャッターとして使う人もいるかも(笑)。

こうした機能を初めて搭載したのは、カシオのEX-ZR1000で、「カメラに向かって手を振るとタイマーが作動する」という、「モーションシャッター」が画期的でした。発売は、2012年11月9日ですから、今から2年以上前ですね。

あのころからカシオの「自取りカメラ」は、熱狂的なファンがいて、『EX-TR150』発売日前に販売終了は、なぜ?で書いたように、「アッという間に売り切れる」といった機種もありました。

より綺麗に撮れる「メイクアップモード」も、さまざまな名称で他社のカメラも搭載されるようになりました。でも、カシオじゃなくちゃダメ!!というユーザーがいるのも確かです。

ということで、すっかり「自撮り」のパイオニアとなったカシオですが、ひとつだけ手が続かないことがあります。

それは、センサーサイズの大きな「ミラーレスカメラ」とか「デジタル一眼レフ」を作っていないことです。

以前は、すべての機種でエントリークラスのセンサーサイズ、という時期があり高級デジカメそのものをカシオは作っていませんでした。

最近は、「1/1.7型」といった少し大きめのセンサーを搭載したデジカメも発売しています。でも、「1型」以上の大きなセンサーを搭載した機種はラインナップされていません。

そこで選択肢として浮上してくるのが、この「LUMIX DMC-GF7W」のようなミラーレスカメラで、なおかつ「自撮り」対応のデジカメです。

やはりセンサーサイズの効果は絶大なものがあって、「等倍」で鑑賞するとか、暗いところで撮った画像とかは顕著に画質差が表れます。

じゃあ、もっとセンサーサイズが大きなデジタル一眼レフとかは?

そう思われる方もいるかもしれません。でも、思い出してください、「自分撮り」対応のポイントを。最低限、反転する液晶モニターが必要ですよね。この時点で多くのデジタル一眼レフは脱落です。

また、シャッターボタンをどうやって押すのか?

顔全体を写すことができる広角レンズが必要とか。

大きくて重いデジため一眼レフを片手で持ってポーズを決められるのか、とか。

いろいろ課題というか問題が山積みデス。

ということで、結論。

暗いところとかで良好な画質で自撮りしたかったら、ミラーレスがベストですよ、ということ。

ちなみに、この「GF7W」、暗いところでも、ばっちりピントが合います。「EV-4」というスペックですが、私の知る限り他の幾つかの機種とともに「世界一」です。


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。