EOS Kiss X8i / EOS 8000D (CANON)

キヤノンは、デジタル一眼レフの新製品「EOS Kiss X8i」と、「EOS 8000D」を発表しました。

ニュースリリースより

EOS-Kiss-X8iEOS Kiss X8i

EOS-8000DEOS 8000D

ふたつのモデルの位置づけは、「EOS Kiss X8i」が「ファミリー向けエントリーモデル」で、「EOS 8000D」が、「より本格志向の強いユーザーに向けたプレミアムエントリーモデル」とのこと。

発売日

 2015年4月下旬

二つのモデルに共通の主な特長

○約2,420万画素のCMOSセンサー
○映像エンジン「DIGIC 6」の搭載
○最高約5コマ/秒の高速連写
○上位機種「EOS 70D」と同等のAFセンサーを搭載
○進化した「ハイブリッドCMOS AF III」
 「EOS Kiss X7」と比べて最大で約4.8倍の高速化
○Wi-Fi・NFCに対応

公式サイト

EOS Kiss X8i(キヤノン)

EOS 8000D(キヤノン)

コメント

今回の2モデルの発表で、キヤノンのエントリーモデルは、なんと5機種にもなりました。

EOS 8000D 最上位モデル

EOS Kiss X8i Kissシリーズの正当進化モデル

EOS Kiss X7i 旧モデルで継続販売

EOS Kiss X7 小型軽量モデル

EOS Kiss X70 旧技術の使用で廉価なモデル

どれを選んだらいいか迷う人も多くなりそうですが、ユーザーの選択肢が増えることは歓迎です。

EOS Kiss X7i は発売直後にダブルズームキットで個人的に購入したのですが、かなり満足度の高いモデルです。

今回発表された2機種は、「画素数」「Wi-Fi」など性能も機能もアップしているので、お値段が納得できればオススメだと思います。

「8000D」はサブダイヤルがあるので、今までEOS二桁機を使ってきた方には使いやすいモデルだと思います。

今までKissシリーズを使ってきた方なら、「Kiss X8i」のほうが操作性が近いと思うので、こちらがオススメですね。


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。