防水タフネス・ツインモニターの「DSC1480DW」を発売(KENKO-TOKINA)

ケンコー・トキナーは、水深3.0mまで対応する防水性能と、高さ1.5mの耐衝撃性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「DSC1480DW」を発売しました。

ニュースリリースより

DSC1480DW-001

DSC1480DW-002

○水に濡れることを心配せずに、海などのシーンで撮影を楽しむことができます。

○自分撮りに便利な前面モニター付きです。

発売日

 2015年8月20日

価格

 オープン価格

主な特長

○IPX8の防水性能
 水深3.0mまでの水中撮影が可能

○耐衝撃仕様
 高さ1.5mの落下テストに耐える耐衝撃仕様
 ※ MIL-STD-810F Method 516.5-Shockを参考にした
  ケンコートキナー独自の基準での試験をクリア
  (高さ:1.5m、落下面:合板、厚さ50mm)

○前面にも液晶モニターを搭載
 画面を見ながら簡単に自分撮りが可能

○水洗いできる
 砂や泥が付いていても水洗いできるので安心

DSC1480DW-003

DSC1480DW-004

主な仕様

・センサー 1/2.33型 CMOS
 有効約1400万画素
・レンズ 42mm相当 F2.8
・感度 ISO 100~800
・液晶モニター 2.7型(背面) 1.8型(全面)
・連射 -
・動画 VGA 640×480 (30fps)
・大きさ 約99×63×28mm
・重さ 約150g(電池等含む)
・電源 単4形アルカリ乾電池 2本 (別売)

公式サイト

 前面モニター付デジタルカメラDSC1480DW(ケンコートキナー)

コメント

低価格で防水・タフネス性能を持ったデジタルカメラです。オープン価格とのことですが、発売当初にもかかわらずAmazonで調べてみたら「¥9,798」でした。※現在(2015-8)の価格

DSC1480DW(Amazon)

価格からもかなりの低スペックであることは予想できますが、レンズは42mm相当で光学ズームなし、液晶モニターの画素数は公式サイトに表示なし、動画はイマドキ「640×480」という仕様です。

設定できる「ISO感度」も最高で「ISI800」です。いや、「8000」とかの間違いじゃなく。

それに加えて、単4電池を電源に使うということで、高価なリチウムイオン電池も充電器もなし。しかも、電池別売りと徹底しています。

ただ、乾電池が使えるというのはいろいろメリットもありますから、悪い選択ではないと思います。

そういう低仕様というか低スペックのわりに画素数が1400万画素というのは、未だに「画素数=画質」といったとらえ方をする人が多いからかもしれません。

不可解なのは、水中で使うことを考えるとレンズは広角のほうが使いやすいと思うのですが、イマドキ単焦点の42mm相当というのは思いっきり謎です。だたし、コストダウンと陸上での使いやすさにはつながるかもしれません。

比較的暗い水の中で使うことを考えると、もう少し高感度に強いセンサーを採用するとか、いっそ「300万画素」で1型センサー並みの高感度性能を達成とかだと面白かった気がします。

もちろん、ケンコートキナーがセンサーを製造しているわけではないと思いますので、そういった高感度に強い低画素なセンサーを作ってくれる会社をみつけないといけませんけど。

現在のコンパクトデジタルカメラで、ぽっかり空白地帯なのは、「低画素かつ高感度に強い」というジャンルだと思います。もちろん、高価なカメラで大型センサーを積んでいれば、高感度はデジタル一眼レフなみに強いものもあります。(リコーの「GR」とか)

しかし、比較的低価格でとなると、選択肢がない状況なのでどこかが作らないかなと空想したりもします。

なお、レンズについては、ケンコー・トキナーは「DSC880DW」という、とびっきり広角に強い防水カメラを販売しています。なので、広角についてはそちらのデジカメをどうぞ、ということなのかもしれません。
※防水カメラ「DSC880DW」の焦点距離は14mm相当
 市販のコンパクカメラでは世界一超広角だと思います。

追記

価格を調べるため、Amazonで調べてみました。

  DSC1480DW の検索結果

すると、「DSC1480DW」だけでなく、同じケンコー・トキナーから販売されている「DSC880DW」も表示されました。

ここまでは分かるのですが、もう一台、別のカメラが下のほうに表示されていました。

デザインは、今回発売された「DSC1480DW」にそっくりでカラーが青ではなくオレンジ。値段は、「DSC1480DW」よりも1000円以上安い「¥ 8,500」です。

こちらのカメラは、「aquapix」というところから発売されていて「Amazon.co.jp での取り扱い開始日」が、「2014/8/18」と表示されています。評価も、1件ですが入っていました。(星4個)

ということで、今回発売された「DSC1480DW」は、「aquapix」から発売されていたカメラのOEMだろうと思います。少し価格が高いのは、ケンコー・トキナーのブランドによるものかも。

さらに、「aquapix」というところはどんな製品を発売しているのかポチッとしてみたら、次のような結果になりました。

  AQUAPIX の検索結果

こちらも3件のヒットで、真ん中に表示されたデジタルカメラは「新着」の「帯」がかかっていてカラーは「青」です。もうブランドのロゴ以外は「DSC1480DW」と同じですね(笑)。

ちなみにお値段は、こちらも「オレンジ」と同じ「¥ 8,500」という表示でした。

追記ここまで(2015-8)

関連記事

DSC880DW レビュー集(Kenko Tokina)

デジタルカメラのセンサーサイズ


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。