PENTAX KP~最高感度819200の衝撃【RICOH IMAGING】

ペンタックスブランドのデジタル一眼レフカメラの新製品として、2017年01月26日にリコーイメージングから発表された「PENTAX KP」です。

みなさんもご存じのように、以前はペンタックスという会社があったのですが、現在はリコーイメージングから販売されていますね。

デザインはペンタックスのフルサイズ・デジタル一眼レフの「PENTAX K-1」によく似たイメージで、ペンタ部分のところが「三角屋根」になっています。

※以下の画像は、ネットショップのものを使用しています。

PENTAX KP

ただし、こちらは「フルサイズ」ではなく、いわゆる「APS-C」サイズのセンサーを搭載。

クラス的には、APS-Cのフラッグシップ「PENTAX K-3 II」と、「PENTAX K-70」との間に位置するモデルのようです。

ペンタックスのデジタル一眼レフは、さらに下位機種として「PENTAX K-S2」と「PENTAX K-S1」があります。

そうなると、ペンタックスのデジタル一眼レフとしては「PENTAX 645Z」は別格としてもフルサイズを含めて6機種中3位、APS-Cのデジタル一眼レフに限れば5機種中2位という位置づけでのようです。

ペンタックスは、一時は「デジタル一眼レフからは撤退か?」とかうわさされていましたけど、ラインナップの充実を見る限り、見事に復活したと思います。

個人的にもペンタックスのデジタル一眼レフは、操作性のよさやファインダーの優秀さ、そして風景撮影などで独特の色合いが気に入っていて現在4台所有しています。

PENTAX KP

背面の液晶モニターは3.0型、約92.1万ドットのチルト式のものを搭載。

手を上に伸ばしてのハイアングル撮影や、地面すれすれのローアングル撮影などに便利です。

また、ファインダーはプリズムファインダー。

上位機と同じコーティングや接眼光学系を採用したプリズムファインダーで、視野率約100%、倍率約0.95倍というスペックです。


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。