久しぶりの投稿です。

今回は、私の大好きな「ネオ一眼」についてまとめてみました。


Nikon COOLPIX P950

今回のトップは、ニコンの「COOLPIX P950」。

発売は、2020年2月7日。

実は、今年発売された唯一のネオ一眼です。

主なスペック
・広角24-望遠2000mm相当 光学83倍ズーム
・解放F値 F2.8-6.5
・1/2.3型CMOS 有効約1605万画素
・液晶モニター 3.2型 約92万ドット バリアングル液晶
☆電子ファインダー 約236万ドット
・連射 約7コマ/秒 連続10コマまで
・大きさ 約140.2×109.6×149.8mm
・重さ 約1005g(電池等含む)

このモデル、2015年に発売のニコン「COOLPIX P900」の後継機ですね。
かなり大きくて重量のあるデジタルカメラです。重量は前モデルよりもさらに重くなって1kg越え。見た目は、まるで一眼レフです。

前モデルから大きく進化したポイントは2つ。

一つは、電子ファインダーが「約92万ドット相当」から「約236万ドット」と、かなり精細になったこと。

もう一つは「4K動画撮影」ができるようになったこと。もちろん、「ステレオ音声」で録音できるし、外部マイク端子も装備しています。

あと、連写速度は変わらないものの、連写枚数が「7コマ → 10コマ」となったのも地味に嬉しいポイント。

ただ、連写時間が1秒から約1.4秒になっただけということで、それほど大きくは進化していない気がします。せめて30コマくらいになってくれれば、スポーツ撮影に使えるのにと思ってしまいました。

たぶん、「野鳥撮影」とか「航空機撮影」などに大きな力を発揮するカメラなんでしょうね。

現時点でのお値段は、8万円台半ばといったところ。


COOLPIX P900

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900  ブラック  クールピクス P900BK

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900  ブラック  クールピクス P900BK

以前もご紹介しましたが、光学83倍ズームということで話題になった、2015年 3月19日に発売のニコン「COOLPIX P900」です。

いわゆる「ネオ一眼」のズーム倍率は、もはや50倍とか60倍ズームがあたりまえと行った状況ですが、さすがに83倍ズームというのは現在でもトップクラスですね。

ズームのすごさは、さまざまなYoutubeで紹介されていますが、その中の一つが下の動画(1:05)です。

ここまで遠くのものを写すことができるのかと、あ然としました。

主なスペック
・広角24-望遠2000mm相当 光学83倍ズーム
・解放F値 F2.8-6.5
・1/2.3型CMOS 有効約1605万画素
・モニター 3型 約92万ドット バリアングル液晶
・電子ファインダー 約92万ドット相当
・連射 約7コマ/秒 連続7コマまで
・大きさ 139.5×103.2×137.4mm
・重さ 約899g(電池等含む)

お値段は、最新の「COOLPIX P950」よりもリーズナブルで、5万円台といったところ。

現在の価格

Nikon COOLPIX P900(Amazon)


LUMIX DMC-FZ300

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300 光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300 光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

2015年9月17日に発売のパナソニックの「LUMIX DMC-FZ300」です。

主なスペック
・広角25mm-望遠600mm相当 光学24倍ズーム
・解放F値 全域F2.8
・1/2.3型MOS 有効1210万画素
・モニター 3.0型  約104万ドット
・電子ファインダー 約144万ドット
・連射 約12コマ/秒(AFS時) 約6コマ/秒(AFC時)
・大きさ 約131.6 x 91.5 x 117.1mm
・重さ 約691g(電池等含む)

上位機種LUMIX DMC-FZH1と比べて

この機種、最大のライバルは同じパナソニックの「LUMIX DMC-FZH1」ではないかと思います。

どちらも、4K動画の撮影に対応したモデルです。

しかし、かたや「1型センサー」そしてこちらは平凡な「1/2.3型」ということで、当然「LUMIX DMC-FZ1000」のほうが上位機種となっています。

ですが、FZ300のほうが上回っているところも幾つかあります。

LUMIX DMC-FZ300のアドバンテージ
・防塵・防滴設計
・より小型軽量
・タッチパネル液晶
・望遠側が400mm(FZ1000)に対して600mm(FZ300)ある
・F値が望遠側でF4(FZ1000)に対して全域F2.8(FZ300)と明るいレンズ

液晶モニターの画素数も、若干ですが(92万と104万)、FZ300のほうが上回っています。

画質については、明るいところだとさほど違いはないというのがネット上の評判。

そのためか、少なくとも発売から半年近くFZ1000よりもFZ300の方が価格が高いという現象が続いていました。

昨年の販売価格は5万円台の前半といったところでしたが、今年もそれくらいのようです。

前モデルの「FZ200」は、長いこと中古でも2万円台をキープしており、それは今年も続いています。

そういう意味では、長く価値が低下しにくいモデルのように思います。

現在の価格

Panasonic FZ300(Amazon)


LUMIX DMC-DMC-FZH1

2016年11月17日に発売のパナソニック「LUMIX DMC-FZH1」です。

主なスペック
・広角24mm-望遠480mm相当 光学20倍ズーム
・解放F値 F2.8-4.5
・1型MOS 有効2010万画素
・モニター 3.0型  約104万ドット バリアングル液晶
・電子ファインダー 約236万ドット
・連射 約12コマ/秒(AFS時) 約7コマ/秒(AFC時)
・大きさ 約137.6mm x 101.9mm x 134.7mm
・重さ 約966g(電池等含む)

FZ1000の後継機で、旧型の欠点を改良し、望遠性能などがスペックアップしたモデルです。

DMC-FZH1の特長

特長としては、大型の1型センサーを搭載し、大きなボケと良好な高感度画質を実現していること。

望遠時の解放F値がさほど暗くない4.5ということもあって、体育館などの室内撮りにも強いモデルです。

旧モデルの「DMC-FZ1000」が広角24mm相当から400mm相当の16倍ズームだったのに対して、「DMC-FZH1」は望遠側を480mm相当まで拡大しました。

広角は「DMC-FZ1000」と同じ24mm相当で、ズーム倍率は20倍ズームということになります。

また、大きな特長として4K(3840×2160)動画撮影に対応していることがあげられます。

4Kフォトモードでは秒間30コマ連写で記録できるとともに、長時間同じスピードで連写できるため、一瞬のチャンスを逃しません。

このとき画素数は、約800万画素なので、紙にプリントするときにはA3くらいまで対応できます。

また、通常の連射も軽快そのもの。すぐにピントが合うことに加え、連射後に再び連射するときも待たされ感を感じませんでした。

とにかく、やたらめっぽう連射に強いモデルです。

また、メカシャッターだけでなく、電子シャッターで撮影できるため、無音での撮影が可能。

音楽会など静けさが求められるシーンでも、シャッター音をだすことなく撮影ができます。

LUMIX DMC-FZH1の画質と価格

画質は、もっと大型のセンサーを搭載したミラーレスやデジタル一眼レフには及びませんが、ピクセル等倍でなければほとんど違いを感じないくらいです。

むしろ、露出バランスやオートホワイトバランスが良好で、全体としてはレタッチなしで「使える」画質という印象でした。

価格については、旧モデルの「DMC-FZ1000」が5~7万円台で販売されていたのに対して、約2倍の価格で推移しています。

現在の価格は、12万円台といったところ。

余裕でミドルクラスのデジタル一眼レフが買える価格ですが、これ一台で万能に近い使い方ができるので、かえってリーズナブルかもしれません。

600mm相当の長望遠が必要とか、20mm相当の超広角で撮りたいといった希望がなければ、高価格ですがかなりオススメのモデルです。

現在の価格

Panasonic LUMIX DMC-FZH1 光学20倍(Amazon)


DSC-RX10M2

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M2 ズーム全域F2.8 24-200mm 光学8.3倍 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M2

2015年8月7日に発売された、ソニーの「DSC-RX10M2」です。

主なスペック
・広角24mm-望遠200mm相当 光学8.3倍ズーム
・解放F値 全域F2.8
・1.0型CMOS 有効2020万画素
・モニター 3.0型  約123万ドット チルト式液晶
・電子ファインダー 約236万ドット
・連射 最高約14コマ/秒(速度優先連続撮影時)
・大きさ 約129.0 x 88.1 x 102.2mm
・重さ 約813g(電池等含む)

すでに後継機種が発売されていますから、少々旧いモデルとなりますが、今も新型と併売されています。

パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」と比べて

センサーサイズが同じ1型の、パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」と迷っている方も、いらっしゃるかもしれませんね。

ただし、パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」は光学16倍ズーム、ソニーの「DSC-RX10M2」は光学8.3倍ズームとなっています。

このスペックだけだと、ズームが半分くらいかと思われるかもしれませんね。

でも、これがレンズの明るさとなると逆転し、パナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」は望遠側ではF4.0とあまり明るくないのに対して、ソニーの「DSC-RX10M2」は全域でF2.8という明るさです。

また、重さはどちらも800g台の前半なので、あまり違いはありません。

ただ、動画撮影において4K動画が必要ならば、対応しているのはパナソニック「LUMIX DMC-FZ1000」になります。

現在の価格

SONY DSC-RX10M2(Amazon)


COOLPIX B700

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素 ブラック B700BK

2016年10月14日に発売された、ニコンの「COOLPIX B700」です。

主なスペック
・広角24mm-望遠1440mm相当 光学60倍ズーム
・解放F値 F3.3-6.5
・1/2.3型CMOS 有効約2029万画素
・モニター 3.0型 約92万ドット バリアングル液晶
・電子ファインダー 約92万ドット
・連射 約5コマ/秒で約5コマ
・大きさ 約125.0×85.0×106.5mm
・重さ 約570g(電池等含む)

主な特長としては、光学60倍以上のコンパクトデジタルカメラにおいてクラス世界最小・最軽量ボディーであること。

手ブレ補正効果5.0段のデュアル検知光学VRを搭載。

また、静止画を切り出すこともできる4K UHD動画撮影機能を搭載しています。

現時点でのお値段は、4万円台といったところ。

現在の価格

Nikon COOLPIX B700画素


COOLPIX B500

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK

2016年5月27日に発売された、ニコンの「COOLPIX B500」です。

主なスペック
・広角22.5mmm-望遠900相当 光学40倍ズーム
・解放F値 F3-6.5
・1/2.3型CMOS 有効1602万画素
・モニター 3.0型 約92万ドット チルト式
・電子ファインダー なし
・連射 約9コマ/秒で約7コマ
・大きさ 約113.5×78.3×94.9mm
・重さ 約542g(電池等含む)

EVF(電子ファインダー)のないモデル

液晶ビューファインダーのないモデルですが、そのぶん、小型軽量というメリットもあります。

この手のデジタルカメラは、人によって使い勝手が異なるかもしれません。

ネオ一眼らしく、ファインダーを使って撮影するという方なら、EVFがないことに違和感を感じるかもしれません。

一方、液晶モニターを見て撮影するというスタイルなら、なんか問題もございません。

個人的には「ネオ一眼」であっても、ほとんどの場合は液晶モニターを使って撮影しているので、特に不都合はないように思います。

主な特長など

このモデルの大きな特長は、2つあります。

ひとつは、今では珍しくなった単三電池が使えるということで、外出時でも容易に電池が入手できます。

しかも、かなりの省エネモデルです。

アルカリ乾電池(4本)でも、約600コマ撮れるというのは、聞いたことのないくらい長寿命。

さらに、リチウム電池を使ったなら、約1240コマも撮れるという性能です。

そして、もうひとつの大きな特長は、広角側が22.5mm相当で撮影できるということ。

24mmスタートのモデルと比べて、1.5mm相当の広角です。

わずかな差のように思われるかもしれませんが、広角側の1.5mmは、けっこう違います。

細かな解説など

手ぶれ補正は、CIPA規格準拠で補正効果3.0段のレンズシフト式手ブレ補正(VR)機能を搭載。

望遠撮影のときにもぶれにくくて、便利だと思います。

また、ズーム倍率は40倍と、今となってはひかえめなスペックですが、5年前にはこれくらいが最高レベルの性能でした。

小中学校の運動会などでは、十分な望遠性能だと思います。

むしろ気になるのは、連写性能で、最高で秒9コマというのは立派ですが、7コマまでというのでは1秒間も連写が続きません。

100m走などで、ゴールを撮るなら、もう少し連写枚数が多いと便利だと思います。

動画に関しては、フルハイビジョンで30pまたは、60iに対応しているので、特に問題はないと思います。

外部マイク端子は装備されていませんが、ステレオ音声で録画可能。

液晶モニターは、約92万ドットということで、低価格の割にしっかり作られているという印象です。

現時点でのお値段は、2万円台といったところ。

現在の価格

Nikon COOLPIX B500


DSC-RX10M3

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

2016年5月20日に発売された、ソニーの「DSC-RX10M3」です。

主なスペック
・広角24mm-望遠600mm相当 光学25倍ズーム
・解放F値 F2.4-4.0
・1.0型CMOS 約2010万画素
・モニター 3.0型  約123万ドット チルト式液晶
・電子ファインダー 約236万ドット
・連射 最高約14コマ/秒(速度優先連続撮影時)
・大きさ 132.5 x 94.0 x 127.4mm
・重さ 約1095g(電池等含む)

かなり大きく、重いモデルですが、それだけレンズには力が入っています。

前モデルの「M2」のほうは、光学8.3倍でしたが、今度は25倍ズームでなおかつ望遠端でもF4.0という明るさ。

「8枚のEDガラスを採用」というだけあって、写りはシャープです。

また、ネオ一眼らしく、静音性能にも優れていて、シャッター音を消音するサイレント撮影が可能。

動画時の手振れ補正も強力で、最大4.5段階分です。

ただし、現在のお値段は「M2」よりもさらに高価ですし、重さも1kgを超えるなど、いろいろヘビーなモデルなのかもしれません。

現在の価格

SONY DSC-RX10M3


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。