アイテム

フィルムスキャナ KFS-1650JS 「一太郎2017」発売記念

今もフィルムカメラを使っている方は多いと思いますけど、現像した後はどうしていますか?

プリントするのが一般的だと思いますが、フィルムスキャナーでデジタルデータとして保存することができます。

デジタルデータを使ってプリントもできますし、その場合には家庭用プリンターでの印刷も可能。

年賀状などにも手軽に使うことができて便利ですし、デジタルデータだと経年劣化を気にしなくてもいいというメリットもあります。

パソコンモニターで写真を鑑賞したり、ネットにアップすることも可能。

と、さまざまな用途が広がりますが、ただ残念なことにフィルムカメラを使っている人が以前より少なくなった現在では、フィルムスキャナーはほとんど販売されていません。

数少ないフィルムスキャナーの販売元のひとつに、ケンコー・トキナー社があります。当サイトでも何度かケンコー・トキナーの製品をご紹介しましたけど、このたび新製品「KFS-1650JS」が発表されました。

kfs-1650js

これは、「一太郎2017」の発売を記念して、ジャストシステムと共同で企画・製作されたもの。そういう経緯もあって、ジャストシステムのオンラインショップのみの限定販売です。

発売日は2017年2月3日(金)で、現在(2016-12)は予約受付中。500台の限定販売。

Kenko×JUSTSYSTEMS 1600万画素フィルムスキャナ【販路限定商品】(ケンコートキナー)


スポンサードリンク

撮影のための脚立を製品化(Kenko-Tokina)

ケンコー・トキナーは、はしご・脚立のトップメーカーである「長谷川工業」とともに、撮影のための「踏み台」を製品化しました。

ニュースリリースより

IS-30-002

アルミ製踏み台「ケンコー・ハセガワ アルミ踏み台 IS-30」

発売日 2015年8月10日

希望小売価格 ¥6,480(税別)

カラー ホワイト レッド

主な特長

○持ち歩ける軽さとおしゃれなカラーを兼ね備えた踏み台

○天板に乗れる「踏み台」で、座ることも可能。

○脚立のトップメーカー「長谷川工業」で安心の品質

IS-30-001

主な仕様

・天板高さ:30cm
・重量1.3kg
・設置寸法(外寸) 全幅:38cm / 奥行き:31cm
・収納寸法(外寸) 全長:33cm / 幅:38cm / 奥行き:18cm

公式サイト

価格情報

残念なことにAmazonで検索しても出てきませんでした。(2015-8)

ちなみに、脚立のベストセラー1位は次の製品でした。

今回の新製品と大きさが似ている人気脚立は次の製品でした。

下のほうの製品は、重さが約1.7kgですから、それほど大きくは違わない気もします。ただし、高さはこちらの方が倍くらいありますね。※約60cm

追記

この製品のことを「脚立」と書いたのですが、調べてみたら「踏台」というのが正確だったようです。ただ、「撮影用の脚立」という言葉のほうが、よく使われているようなのでタイトルはあえてそのままにさせていただきました。


スポンサードリンク