D7500とD500とD7200を比較

2017年4月12日にニコンからD7500が発表されました。

「D500」と同等の高画質と、優れた動体捕捉力を小型・軽量ボディーに凝縮
デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売

D7500は、フラッグシップのD500と同じ画像処理エンジン「EXPEED 5」とCMOSセンサーを搭載していて、基本的な画質はD500と同等だと思います。

常用感度ISO100~51200となっており、ノイズの少ない高画質を実現しているのは素晴らしいですね。

そして、購入を考えているニコンファンの方々が比較しているのは、「D500」と旧モデルの「D7200」のようです。

今回は、これら3つのモデルを比較してみたいと思います。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500
※画像はネットショップのものを使っています。

センサー

23.5×15.7mmサイズCMOSセンサーというのは3モデルで共通しています。

・D7500 2088万画素
・D500 2088万画素
・D7200 2416万画素

有効画素数は、D7200とD500とは共通で、D7200は少し画素数が多いのですが大きな画質差にはつながらないと思います。

画像処理エンジン

・D7500 EXPEED 5
・D500 EXPEED 5
・D7200 EXPEED 4

D7500とD500は、最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載しています。

D7200は、「EXPEED 4」ですが、発売当時は前モデルD7100の常用感度より2段高い「ISO 25600」を実現していました。

そして、D500とD7500は、D7100よりもさらに1段高い「ISO 51200」を実現しています。

記録媒体

・D7500
 SDメモリーカード(UHS-I規格に対応) シングルスロット
・D500
 XQDカード SDメモリーカード(UHS-II規格に対応) ダブルスロット
・D7200
 SDメモリーカード(UHS-I規格に対応) ダブルスロット

D7500はシングルスロットなので、前モデルのD7200よりもスペックダウンしていますね。

D500はダブルスロットですけど、XQDカードはまだまだ一般的でないと思います。

そうなると、D7200のSDカードでのダブルスロットは貴重かもしれませんね。

なお、シンプルに「SDカード」と書きましたが、「SDHCメモリーカード」と「SDXCメモリーカード」を含んでいると思ってください。

ファインダー

・D7500 視野率約100%
・D500 視野率約100%
・D7200 視野率約100%

どの機種も、「視野率約100%」という素晴らしい性能ですね。

液晶モニター

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500
※画像はネットショップのものを使っています。

・D7500
 チルト式3.2型(タッチパネル) 約92.2万ドット(VGA)
・D500
 チルト式3.2型(タッチパネル) 約236万ドット(XGA)
・D7200
 3.2型 約122.9万ドット(VGA)

こちらもD7500は、D7200と比較して、微妙にスペックダウンしていますね。

D500はさすがにフラッグシップらしい液晶性能だと思います。

連続撮影速度

・D7500 約8コマ/秒
・D500 約10コマ/秒
・D7200 約6コマ/秒

本格的なスポーツ撮影とかでもない限り、D7200でも十分な性能だと思います。ただ、「約6コマ/秒」と「約8コマ/秒」とでは、明らかな違いを感じるかもしれません。

D500の「約10コマ/秒」は、フラッグシップらしい素晴らしいスペックですね。

動画性能

・D7500 4K(3840×2160)30p
・D500 4K(3840×2160)30p
・D7200 フルハイビジョン(1920×1080)60p

3機種とも、内蔵ステレオマイクで、外部マイク端子を備えています。

まとめ

旧モデルのD7200は、長らくD300の後継機が発売されなかったので、フラッグシップとしての役割も少し担っていました。そのため、ダブルスロットなどの装備があったと思われます。

一方で、D500というフラッグシップモデルが発売された後のD7200は、中級機としての役割を担っていて「オーバースペック」と思われる機能が省かれているようです。

少し気になるのが、バッテリーグリップ非対応になったことで、キヤノンにはエントリーモデルにも用意されていることが多いのにと思ってしまいましたが、メーカーによる考え方の違いでしょうか。

なお、公式サイトへのリンクは、以下のとおりです。

D7500(ニコン)

D500(ニコン)


スポンサードリンク

RAW記録ができるコンデジまとめ2017

本格的に写真を撮っている方なら、「RAWで撮影」したことがあると思います。

「ある」どころか、「私はRAWでしか撮らない」というカメラマンもいますし、機種によっては「RAW撮影が基本」というのもあります。

何がそうかというと、シグマのDPシリーズなんかはそうですね。最近の機種だとJPEGでもそれなりに撮れるようですが、やっぱり「RAW撮影して一枚ずつ現像」というのが趣味としては楽しかったりします。

そういうスローな趣味がない方にも「RAW撮影」のメリットは、実はあります。

よく誤解されているのが「RAWは画質がいい」というのがありますが、必ずしもそうは断言できません。

なぜなら、JPEGについては、カメラメーカーが多くの開発費をかけて完成させた映像エンジンが使われています。特にノイズの低減についてはカメラメーカーの映像エンジンは実に優秀です。

そのため有名メーカーの画像処理ソフトで「RAW現像」を行っても、デジタルカメラで撮ったままのJPEGよりもノイズが多いということが多々あります。

じゃあ、「RAW撮影」のメリットは何かというと、ひとつはホワイトバランスが後から調整できることです。

室内で料理写真を撮ったりすると、なんだかセピアっぽい写真になったりしませんか?そういうときに、「RAW撮影」しておくと、あとから適切なホワイトバランスの写真が得られます。

もうひとつのメリットは何かというと、明るさやコントラストの調整がしやすいということがあげられます。

もちろん、JPEGで撮っても画像処理ソフトでトーンカーブをいじれば可能ですが、「RAW撮影」しておくと画像をあまり劣化させずに調整が可能です。

少々説明が長くなりましたが、そういう「RAW撮影」ができるコンパクトカメラをまとめてご紹介します。

なお、今回はいわゆる「ネオ一眼」などの大きなサイズのモデル以外で、比較的発売が新しいものをピックアップしました。


CASIO EXILIM EX-ZR3200
CASIO EXILIM EX-ZR3200

カシオから4月28日に発売されたばかりの「EX-ZR3200」です。

・1/1.7型CMOS(裏面照射型)
・有効1210万画素
・レンズ 25-300mm相当(12倍ズーム)
・108.3×61.5×36.7mm
・約249g(電池等含む)

自撮りに便利なフロントシャッターや、180度反転する液晶モニターを搭載。
多彩なメイクアップ設定で美肌効果もバッチリです。

ただし、けっこうな大きさと重さ。ポケットに気軽に入れておくというよりも、ケースに入れて肩から提げておくというのがいいかもしれません。

お値段は5万円台前半と、1型センサーモデルらしい価格。(2017-05)


Canon PowerShot G9X MARKII
Canon PowerShot G9X MARKII

キヤノンの1型コンパクトカメラの中で、最もコンパクトな「PowerShot G9 X Mark II」です。

・1.0型CMOS(裏面照射型)
・有効約2,010万画素
・レンズ 28-84mm相当(3倍ズーム)
・98.0×57.9×31.3mm
・約206g(電池等含む)

1型という比較的大きなセンサーを搭載していて、F2.0という明るいレンズなので暗いところに強いデジカメです。

ズーム倍率は3倍なので、遠くの物の撮影には向かないかもしれませんが、室内での「RAW撮影」には適していると思います。

センサーサイズの割にはコンパクトなので、持ち歩きにも不自由なく使えますね。

お値段は4万円台前半と発売直後だけあって、少々高めですね。(2017-05)


Panasonic  DMC-TX1
Panasonic DMC-TX1

パナソニックののルミックス「DMC-TX1」です。

・1.0型MOS
・有効2,010万画素
・レンズ 25-250mm相当(10倍ズーム)
・約110.5×64.5×44.3mm
・約310g(電池等含む)

こちらも1型センサー搭載モデル。

そして、広角25mmからの10倍ズームということで、かなりオールマイティに使えるモデルだと思います。

大きさ・重さは少しボリュームがありますが、コンパクトカメラの範囲内。

そして、大きな特長は秒間30コマ連写の連続した撮影ができるという「4K PHOTO」です。決定的瞬間を逃しませんが、「4K PHOTO」については「RAW撮影」ではないことも付け加えておきます。

もちろん、通常の撮影では「RAW撮影」が可能です。

お値段は6万円台前半と、1型センサーモデル+10倍ズームとしては納得。(2017-05)

実は、Panasinicには「DMC-LX9」というモデルもあります。

こちらは1型センサーで、F1.4という明るいレンズを搭載。ズーム倍率は24-72mm相当の3倍です。

ただし、「DMC-TX1」よりも販売価格は高めです。

参考 「Panasonic LX9」の販売価格 ※ネットショップにリンクしています


CASIO EXILIM EX-ZR4000
CASIO EXILIM EX-ZR4000

カシオの「EX-ZR4000」です。

・1/1.7型CMOS(裏面照射型)
・有効1210万画素
・レンズ 19-95mm相当(5倍ズーム)
・108.3×61.5×37.7mm
・約249g(電池等含む)

こちらのモデルも自撮りに便利なフロントシャッターや、180度反転する液晶モニターを搭載。
という説明よりも、現在のところ「自撮りナンバーワンモデル」だと思います。

カシオのデジタルカメラは、以前から自撮りに向いたモデルがたくさんあるのですけど、広角が19mm相当ということで周りの景色や一緒にいる人もバッチリ撮影。

もちろん、限界はありますけど、これだけ広角で撮れるコンパクトカメラは珍しい。

しかも、比較的大きなセンサーでレンズも優秀。望遠側もそこそこ撮れるというモデルなので個人的にもほしいデジタルカメラです。

ただし、なぜか「RAW撮影」だと19mm相当で撮影できないという謎仕様となっています。※超広角の歪曲をデジタル補正しているからかもと想像

お値段は4万円くらいと、比較的落ち着いてきました。(2017-05)


OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

オリンパスの「STYLUS TG-4 Tough」です。

・1/2.3型CMOSセンサー
・有効1600万画素
・レンズ 25-100mm相当(4倍ズーム)
・111.5mm×65.9mm×31.2mm
・247g(電池等含む)

このカメラの特長は、何と言っても「タフ性能」。

メーカー自ら「タフカメラの頂点に立つTG-4誕生」とうたっているくらいですが、それほど大げさな表現でもないと思います。

「防水15m」「防塵」「高さ2.1mの落下テストをクリア」「100kgfの荷重に耐えられる構造」「耐低温-10℃」というスペック。

さらに、明るいF2.0レンズを搭載しています。

そして、もうひとつ大きな特長があって、それは「顕微鏡モード」と呼ばれるマクロ撮影。

この機能を十分に発揮するためには、オプションのLEDライトガイド「LG-1」を購入する必要がありますが、水中撮影をしないという方にも使い勝手があるフィールドカメラだと思います。


まとめ

カシオ「EX-ZR3200」やや大きいけれど12倍ズームレンズを搭載。自撮りにも向くモデル。

キヤノン「PowerShot G9 X Mark II」一般的な撮影に高い性能を発揮。特に弱点がないモデルで暗所に強い。

パナソニック「DMC-TX1」1型センサー搭載で10倍ズーム。4Kフォトも撮影できるオールマイティモデル。

カシオ「EX-ZR4000」広角19mmからスタートというのは、とても便利。今まで撮れなかった写真が撮れるかも?

オリンパス「STYLUS TG-4 Tough」2015年の発売でやや旧いモデルだけど、タフ性能はピカイチ。

こうしてみると、「RAW撮影」ができるコンパクトカメラって、単に高価格なだけでなく、それぞれに特長があるように思いました。

購入される方は、用途に合わせて上手にチョイスしてくださいね。


スポンサードリンク