小型・軽量の業務用デジタルビデオカメラ「XC10」を発表(CANON)

キヤノンは、4K動画と約1,200万画素の静止画撮影に対応した、小型・軽量のビデオカメラ「XC10」を発表しました。

ニュースリリースより

xc10

新製品は、映像制作に携わるプロやハイアマチュアユーザーに向けた、高画質と小型・軽量を両立した4Kビデオカメラです。

プロモーションビデオやドキュメンタリーなどの映像制作や報道、デジタルシネマのサブカメラとして、機動力を必要とするシーンでの撮影などさまざまな用途に適しています。

発売日

2015年6月中旬

価格

オープン価格

主な特長

○4K対応1.0型CMOSセンサー
従来の1/2.84型HD CMOS PROセンサーに比べ有効画素全体の面積比は約6.8倍、1画素あたりの面積比では約1.6倍大型化。

○4K対応「DIGIC DV 5」
高い演算処理能力を持つ、最新の映像処理プラットホームを採用。305Mbpsのハイビットレート4K動画などを実現。

○4K対応光学10倍ズーム
27.3-273mm相当の光学10倍ズームレンズを新開発。
フォーカスはインナーフォーカスタイプ。
最短撮影距離は約50cm(ズーム全域)、ワイドマクロ時約8cm。

○記録メディアはダブルスロット
CFast:4K録画
SDXCメモリーカード:HD録画/静止画(JPEG)

主な仕様

・撮像センサー 1.0型、CMOS
 有効画素数:動画 約829万画素 静止画 約1200万画素

・レンズ
 光学10倍ズーム 8枚羽根虹彩絞り
 動画:27.3-273mm相当 静止画(4:3):24.1- 241 mm相当

・液晶モニター
 有機ELパネル(3.0型、約103万ドット相当、視野率100%)
 タッチパネル(静電容量方式) バリアングル対応

・大きさ 約125×102×122 mm

・重さ 約1040g(電池等含む)

公式サイト

 業務用デジタルビデオカメラXC10


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。