デジタル一眼レフ

PENTAX KP~最高感度819200の衝撃【RICOH IMAGING】

ペンタックスブランドのデジタル一眼レフカメラの新製品として、2017年01月26日にリコーイメージングから発表された「PENTAX KP」です。

みなさんもご存じのように、以前はペンタックスという会社があったのですが、現在はリコーイメージングから販売されていますね。

デザインはペンタックスのフルサイズ・デジタル一眼レフの「PENTAX K-1」によく似たイメージで、ペンタ部分のところが「三角屋根」になっています。

※以下の画像は、ネットショップのものを使用しています。

PENTAX KP

ただし、こちらは「フルサイズ」ではなく、いわゆる「APS-C」サイズのセンサーを搭載。

クラス的には、APS-Cのフラッグシップ「PENTAX K-3 II」と、「PENTAX K-70」との間に位置するモデルのようです。

ペンタックスのデジタル一眼レフは、さらに下位機種として「PENTAX K-S2」と「PENTAX K-S1」があります。

そうなると、ペンタックスのデジタル一眼レフとしては「PENTAX 645Z」は別格としてもフルサイズを含めて6機種中3位、APS-Cのデジタル一眼レフに限れば5機種中2位という位置づけでのようです。

ペンタックスは、一時は「デジタル一眼レフからは撤退か?」とかうわさされていましたけど、ラインナップの充実を見る限り、見事に復活したと思います。

個人的にもペンタックスのデジタル一眼レフは、操作性のよさやファインダーの優秀さ、そして風景撮影などで独特の色合いが気に入っていて現在4台所有しています。

PENTAX KP

背面の液晶モニターは3.0型、約92.1万ドットのチルト式のものを搭載。

手を上に伸ばしてのハイアングル撮影や、地面すれすれのローアングル撮影などに便利です。

また、ファインダーはプリズムファインダー。

上位機と同じコーティングや接眼光学系を採用したプリズムファインダーで、視野率約100%、倍率約0.95倍というスペックです。


スポンサードリンク

中古価格と新品価格が逆転の不思議~Amazonでのデジタルカメラ販売

よく自分が管理しているこのサイトからAmazonにとんで、ネットウィンドウショッピングを楽しんでいます。

昨今、なかなか気軽にデジカメを買う、というわけにはいかないものの、見るだけでも面白いので。

※右サイドバーのAmazonリンクを一番利用しているのは、おそらく作った自分自身だと思っています。

それで今日も、いつものようにデジタルカメラのページを眺めていました。

相変わらず「KISS X7」は強いなぁと思いつつ、いったい幾らかと確認。

すると、不思議なことに気がつきました。

amazonlink-001

新品価格の値段もかなり安くなっていて、「こんなに」と驚いたくらいなのですが、それ以上に驚いたのが中古価格のほうが高価なことです。

こんな逆転現象が起こっているなら、みんな新品を選びますよね。

こういうことがおきるのは、おそらく新品価格が急激にさがったことが原因のように推測できます。

その時点で適正な中古価格をつけていても、日々価格が変動していてズレが生じます。

ですけど、毎日、中古価格をかえるというのも現実的ではありません。

それで、想定以上に新品価格がさがった場合にはこうした現象がおきるのだろうと思います。

個人的には「KISS X7i」をもっているので、あらためて買おうというワケにはいかないのですが、これから新たに購入を検討されている方にはいいのではないかと思います。

ついでに、デジタル一眼レフだけでなく、コンパクトデジタルカメラの「ベストセラー1位」を確認してみたら相変わらず「IXY」が強いようですね。

と思いつつ価格はいくらかなと確認してみたら、なんとこのお値段。

amazonlink-002

いったいこのお値段で、キヤノンさんは利益がでているのかな、とちょっぴり心配になりました。

ほんの数年前までは、「IXY」は型落ちでも1万円台だったと記憶しているのですけど、安くなりましたねー。


スポンサードリンク