ビデオ三脚「VT-551 N」「VT-523 N」を発売(Kenko-Tokina)

ケンコー・トキナーは、スリック株式会社のダイワブランドビデオ三脚「VT-551 N」と「VT-523 N」の販売を、2015年1月21より開始しました。

ニュースリリースより

VT-523-NVT-523 N

希望小売価格はVT-551 Nが35,000円、VT-523 Nが55,000円(税別)。

いずれもスプリングバランス機構、オイルフリュード機構により、滑らかな動作を行うことができます。

また水平出しが素早くできる60mmボールレベラーを装備。

三脚を収納できるケースの他に、ケースなしでも三脚の持ち運びを容易にするストラップが付属します。

VT-523Nはアルミダイカスト製のビデオ雲台搭載、カメラの重心バランス調整が可能、2ウェイ石突、ウレタングリップ装備などの点において、より本格仕様としております。

その他、製品についての詳しい特長や仕様につきましては、各製品ページをご覧ください。

VT-551 N

全高:1,375mm
地上最低高:355mm
縮長:675mm
重量:1,960g
パイプ径:26.8mm
段数:3段
最大搭載重量:3kg

公式ページ VT-551 N

VT-523 N

全高:1,535mm
地上最低高:380mm
縮長:755mm
重量:2,850g
パイプ径:26.8mm
段数:3段
最大搭載重量:3kg

公式ページ VT-523 N

コメント

ダイワのビデオ三脚は、本格的な業務用途としてはともかく、それなりに評判のよい製品です。スペック的には、10万円クラスの製品であっても5万円程度で購入できたりと、コストパフォーマンスに優れているという印象です。

ただ、こちらの製品は脚の部分が写真用三脚にない「ダブルシャンク構造でねじれに強い」という構造ではないのが気になりました。

スリックのサイトで確認すると、これまでの「ダブルシャンク構造」を使っていた製品は「生産完了」の表示がされています。

「ここにもコストダウンの影響か」と、思ってしまいましたが、業務用ビデオカメラを備え付けるのならともかくデジタル一眼レフ程度ならこれくらいで十分なのかもしれませんね。


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。